2009年04月25日

タイ古式マッサージで肩こり、腰痛、目の疲れを改善

タイ古式マッサージ
は、古くは仏陀の時代から今日まで脈々と受け継がれてきた
タイの歴史と由緒あるマッサージ方法です。

タイ式マッサージはインドのアーユルヴェーダをベースにし
つつ中国の指圧、経路やチベットの伝承医学などの影響を受
けながらその独自性を確立し発達してきました。

タイ古式マッサージの手法は、指圧で凝った筋肉を緩め、筋
肉がゆるんだ所で、ストレッチでゆっくり伸ばし、最後にひ
ずんだ骨格や関節を整えるというものです。指圧、整体、矯
正、ストレッチングと様々なバリエーションがありが、肘を
使ったテクニックや足を使ったテクニックもあります。数多
くのアクロバティックなストレッチテクニックには驚きです。

タイ古式マッサージでは、凝りをほぐすだけでなく、全身の
血液の流れの促進します。これにより、リンパ球の活性と増
加させ、細胞ひとつひとつにまで酸素や栄養を運び、からだ
本来の体調を取り戻すことで、自然治癒力・免疫力を高めて、
精神と肉体の健康を取り戻すという施術法です。

タイ古式マッサージでは、いわゆるクイックマッサージのよ
うに短時間で部分的な凝りをほぐすのではなく、ゆったりと
時間をかけて全身を施術します。




posted by からだにいいこと調査隊 at 08:23| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。