2009年04月26日

L−カルニチンの疲労回復・慢性疲労症候群改善効果

L−カルニチン
は、ダイエットサプリとして有名ですが、アメリカでは、疲
労回復用のサプリメントとして、医療現場で使われているそ
うです。

L−カルニチンは、脂質や糖質の代謝に関係し、それを正常
化することでエネルギー代謝を活性化し疲労回復に効果をあ
げるとされています

L−カルニチンが不足すると、慢性疲労症候群や生体活動の
不活発化による肥満などにつながり、生命活動にも支障がで
てきます。

また、脳の神経刺激伝達に有為に作用し、脳の老化防止作用
のみならず、運動等によってもたらされる「疲労感の解消」
にも効果が期待できるようです。
posted by からだにいいこと調査隊 at 12:09| 疲労回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。