2009年05月16日

フォースリーンでサプリダイエット

フォースリーン
とは、南アジアに自生するコレウスフォルスコリというシソ科植物の根っこから抽出された成分のことです。

フォースリーンは、DHCなどのメーカーで、ダイエットサプリメントとして発売されています。

フォースリーンの有効成分である「フォルスコリン」には、LBM(Lean Body Mass)と言われる除脂肪体重を増加させる効果があります。LBMとは体重全体から体脂肪を除いた数値のことです。簡単にいうと、筋肉や内臓・骨などといった、生命維持に欠かせない部分だけの重さを指しています。

フォースリーンに含まれるているフォルコスリンは、不要な脂肪を遊離させ、血液中に放出させるので、それにより、脂肪燃焼を助ける効果をもたらしてくれます。なので、LBMの値が増えれば基礎代謝量は向上するということです。

つまりフォースリーンによるダイエットのメリットは、ただ単に体重を減らすだけでなく、食事を取りながら筋肉を増やしリバウンドしにくい体をつくることができることです。

また、フォースリーンに含まれる成分にはリラックス効果もあるため、ダイエット中のストレスをやわらげてくれます。

ちなみに脂肪燃焼といえば唐辛子のカプサイシンが有名ですが、フォースリーンの脂肪燃焼効果はそれを上回ると言われています。

また、フォースリーンには腸の動きを活発にする働きもあるので便秘解消にもなります。ただし、体質により下痢になる人もいますので、摂取の際には、様子をみながら量を調節するのがよいでしょう。

フォースリーンサプリは、食事制限や運動が苦手な人にオススメです。
posted by からだにいいこと調査隊 at 11:30| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。